忍者ブログ
 新潟で日々ラーメンを食べた記録
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

b41ad7b4.jpeg河渡のショッピングセンターからじゅんさい池方面に向かって行った左手にある「古稀櫻(こきろう)」。


昨日、「よし田亭」に張ってあったメンメンスタンプラリーのポスターに1軒だけ知らない店があったので早速訪問してみた。


看板に色々と書いてあるが、要約すると、店主はプリンスホテルで修行して2000年に開業したとのことだ。


カウンター6席、小上がり2卓の小さな店。
11:50、先客2名、後客も2名。

飛び散った汁のあとがところどころに。 ちょっと清潔感に欠ける。
カウンターの上には何年も放置されてそうなバファリンの空き箱。


メニューは麺類中心に豊富。
日替わりで500円になるメニューがあったが、火曜日はモヤシらーめん。

2日連続でモヤシってのもどうかと思い、坦々麺を注文した。値段は700円。


見るからに辛そうなオレンジ色のスープ。

「激辛」と表示された四川坦々麺というメニューがあるので、こっちはそれほどでもないだろう予想していたが、やっぱり辛かった。


茹でた野菜が大量に入っているので、辛さを紛らわせながら食べ進む。

ちょっとスパイシーに味付けした挽肉が美味い。


個人的に好みのクリーミーな坦々麺ではなかったのは残念だが、無化調ということだし、中々良いのではなかろうか。


【住所】新潟市東区河渡2-3-30
【営業時間】11:00~15:00 18:00~23:00
【定休日】水



PR
8c4dec7b.jpegこのブログを始めてから1年が経った。
食べたラーメンは300杯以上。
意外と飽きないものだ。

ただ、最近はブログのためにラーメンを食べているようで、新規開拓が多くなった。 必然、好みでないラーメンも多く、辛口コメントも多くなる。

新潟市近郊は食べ尽くした感があり、そろそろ好きな店に通っていく日が多くなりそう。

ちなみに、毎日ラーメンだと健康には悪いに決まっているが、ダイエットには成功した。3ヶ月で8kg。




今回も新規開拓で巻ICの近くにある「ログらあめん よし田亭」へ。


店名の通り、ログハウスになっている店。

L字のカウンターにテーブル2卓だけの小さな店内。


メニューは色々あるが、今日は下調べをしてサンマーメンを食べると決めていた。
値段は800円。


サンマーメンとはモヤシあんかけラーメンのことで、横浜のご当地ラーメンらしい。


モヤシあんかけといえば、関屋福来亭の萌やしラーメン。
あれは逸品だった。


餡かけは熱々。少し辛味も効いていて、この時期にはピッタリ。
黒コショウがちょっと邪魔している気もするが、美味しかった。
中くらいの太さの黄色い縮れ麺もバランスを保っている。



このような駄文にも関わらず、アクセスしていただいている方のためにも、もう少し記録を続けていこうと思う。


【住所】新潟市西蒲区国見2718-1
【営業時間】11:00~14:00 17:00~21:00
      (日祝)11:00~15:00 17:00~20:00
【定休日】水



fe6586de.jpeg秋葉区にある「博多長浜麺 碇や」。

新潟市中心街から行くと新津バイパスの荻川駅西入口の信号を左折して真っ直ぐ行った左側にある。


12時ちょうどに入店するが客は誰もいない。
後客も2名のみ。 この店はいつもこんな感じ。


メニューは長浜ラーメン、ちゃんぽん、カレーライス。


今回はちゃんぽん800円を注文。


万代にある長崎ちゃんぽんを先日食べたばかりなので、どうしても比較してしまうが、基本的には大きく違いはない。 客入りでは大きく負けているけど・・・。


中華鍋で具と麺とスープを一緒に茹でるのだが、長崎ちゃんぽんのように鍋を振るうわけではなく、静かに茹でていて静かに完成する。


野菜、魚介の9種類の具が入っていてかなり豊富。

スープは白濁しているがあっさりしている。でもスープの量が少ない。


長崎ちゃんぽんと比べると野菜の甘みがスープに出ていない感じ。


微妙だな。800円はちょっと高い。

閑古鳥が鳴くほどのレベルではないと思うが、魅了される部分が無いのも確か。


【住所】新潟市秋葉区あおば通1-8-2
【営業時間】11:00~14:00 17:00~21:30
【定休日】水


41203612.jpeg新潟市西区にある「岡村家」。
黒埼ICから青山方面に向かった道の右手にある。


カウンターが13席、テーブルが3卓ある。


担々麺が一押しのメニューで、ラインナップは豊富。

今回は鶏白湯麺680円を注文。


ほんの2分くらいで出来上がってきた。

白濁したスープに上品な感じのビジュアル。


鶏白湯というと「なおじ」のようなトロッとした濃厚なイメージがあるが、このスープはあっさりしている。
塩味でまろやかで旨い。


具はチャーシュー、味玉、水菜、メンマ。
それぞれが邪魔することなく程よいバランス。


麺は細目の縮れ麺で透明感のあるツルツルしたもの。
担々麺と同じ麺だったような気がするが、何かイマイチ。


チャーハンが3種類もあって食べてみたいが、小チャーハンをつけても1000円くらいになってしまう。
セットメニューの充実を切に希望。



【住所】新潟市西区平島1309-1
【営業時間】11:00~15:00 17:30~22:00
       (土日祝)11:00~22:00
【定休日】水



 

bd8e42d7.jpeg300杯目は古町の老舗である「白寿」。
西堀通りから三越の向かいにある路地を入ったところにある。


店の外観は古く、繁盛している店にはとても思えない。
ただ店内に入ると狭い店に客がたくさんいる。

カウンター10席ほど、テーブルは2人掛けが2卓。


12:30、カウンターに2席ほど空きがあるが狭いのでテーブルに座る。


メニューはラーメンとうま煮そばでどちらも500円。


当然、看板メニューであるうま煮を注文。


うま煮は白菜ともやし中心の野菜餡かけに挽肉を入れて卵をといたもの。

これが細麺のあっさりスープの上にかかっている。


生姜が効いていて、本当に美味い。
麺も多めで意外とボリュームがあるけれど、美味しいので一気に完食。


これが500円で食べられるのだから最高だ。



【住所】新潟市中央区西堀前通6番町902
【営業時間】12:00~22:00
【定休日】不定休



f517960d.jpeg古町にある「中華のカトウ」本店。

新潟を代表するあっさりラーメンの店であり、『朝ラー』で有名な店。
場所は市役所方面から東掘通りを行って柾谷小路の手前の信号を左に入ったところ。


朝7:00に開店してお昼ごろには終わってしまうので、駄目もとで店の前まで行くと、暖簾が掛かっている。

店内はかなり狭く、カウンター5席、2人掛けのテーブル3卓しかない。


殆どが常連客で埋まっていて、店の奥さんはずっとしゃべり続けている。



メニューはシンプルに中華そばとチャーシュー麺だけ。

中華そばが450円。 大盛りとチャーシューは+100円。


奮発してチャーシュー麺の大盛りを注文。
それでも650円だから安いものだ。


特徴的なのが平打ちの太麺。 かなり柔らかめの茹で上がりで朝食にはピッタリな感じ。


刻み玉葱のシャキシャキした食感が良い。


チャーシューは5枚ほど。歯応えがあって噛み締めると味が染み出てくる。


普通のあっさりラーメンのようで随所に非凡さを感じる。

家の近所だったら毎日のように食べてしまいそうな一杯。



【住所】新潟市中央区東掘通6番町1045
【営業時間】7:00~お昼ごろ
【定休日】水、第2木


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
DuCoRo
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
ずっとラーメンばかり食べてるので記録を残しておきたくなりました。 味覚に自信が無く、文才も無いのに勝手に書くブログ。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
債務整理キャッシング
最新コメント
[05/14 DuCoRo]
[07/08 bbshin]
[04/15 名無し]
[04/15 Yukky]
[03/13 bbshin]
最新トラックバック
忍者ブログ | [PR]

Design by Dress
Material by tudu*uzu