忍者ブログ
 新潟で日々ラーメンを食べた記録
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

P1000056.JPG新潟駅南に新しくオープンした「一兆 駅南店」。
場所は笹出線沿いの以前「塩館」が営業していた場所。


まだ花輪が出ているので混雑するだろうと思って早めに入店したが、意外と空いている。

カウンター8席、テーブル20席くらいの店内。

メニューはラーメン、味噌、つけ麺の3種類とシンプル。


初めてなのでらーめんを注文。

「一兆」は小新店と河渡店があるが、会社は別らしく、味も違う。
駅南店はどちらの系列かなと思ったが、どうやら河渡店らしい。


にぼし正油と書いてあるラーメンは河渡店と同じもの。


魚介強めのダブルスープにプリプリの太麺の組み合わせは流行のタイプ。

具も彩り豊かで満足度が高いもの。


この場所は、新店ができてはすぐに撤退する場所。地価の高いこの場所では相当の客入りでないと厳しいのだろう。

でも、だるまや系なら大丈夫そうだけど。


【住所】新潟市中央区米山1-4-3
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】なし

PR
P1000050.JPG笹出線沿いのとやのプラザにある「らーめん とやの」。
パチンコ店と同じ敷地にあるせいか、いつも混んでいる店。


メニューは中華系を中心に豊富。
1年前に食べたとき好印象だった特選味噌拉麺をもう一度。


濃厚な味噌スープ。バターが別皿で付いてくるが、入れなくてもまったりとしている。


濃厚さがクセになる一杯。



【住所】新潟市中央区天神尾2-9-1
【営業時間】11:30~21:00
【定休日】木



96c38db1.jpeg「三吉屋」の信濃町店。
場所は116号沿いのウオロクの隣にあるビルの1Fにある。


寂れたビルで、外からは「三吉屋」が中で営業しているとは想像できない。
偶然通りがかる客など当てにできないような立地。


カウンター中心でテーブルは1卓のみの店内。
ラーメンは550円、大盛りは50円増し。


シンプルなあっさり醤油ラーメンだが、濃厚な味わい。
レンゲが付いてこないので丼から直接スープを飲む。
顔中でダシの風味を感じて至極の気分。


新潟を代表する一杯だ。


【住所】新潟市中央区信濃町2-11
【営業時間】11:00~20:30
【定休日】水


7e3bd2e1.jpeg新潟バイパスの弁天ICすぐ近くにある「一風堂 新潟店」。


新潟に開店して間もない頃に白丸元味を食べて以来の訪問。

当時は連日大盛況だったが、最近はどうなのだろうか。
今日は昼食のタイミングが合わず、14:30頃の訪問になってしまったが、半分くらい席が埋まっている。 50席以上ある店だから、上々な部類か。


今回食べたのは赤丸かさね味。15:00まではランチサービスで+100円でセットメニューになる。
替玉100円よりは、セットがお得に感じる。半チャーハンのセットで。


注文するときは麺の固さを聞かれるが、固さ普通で注文。 周りは、当たり前のようにバリ固コールをしている。
固茹での針金のような食感の麺が本当に美味いのだろうか。 個人的な好みだから、とやかく言わないが・・・。


普通の固さでも、結構な歯応え。細ストレートのバリバリの博多麺。

細かい背脂の浮いたスープは白濁しているが、マー油と中央のうまみ玉を混ぜると茶濁してくる。

うまみ玉は辛さはあまり感じない。 リピーターが多くなりそうな濃厚スープはやはり美味い。


値段も高いし、不味かったらもう来る必要はないのだが、また食べたくなりそうだ。


【住所】新潟市中央区紫竹山6-1-15
【営業時間】11:00~翌1:00
【定休日】年末年始



P1000022.JPG南万代にある「青島ラーメン司菜」。

新潟市内の「青島ラーメン」では影の薄い感じの店。
自分も今回が初めて。というより最近までここに「青島」があることすら知らなかった。

青島ラーメンで司菜の名が付いているのは、こことときめきラーメン万代島の2店。

以前は中華系ダイニングバーだったらしいが、現在は他の青島と同じメニューでラーメン専門店。


入口に食券販売機がある。
普通のラーメンが600円。あとは大盛りや具の増量が50円刻みでできるのはうれしいポイント。

チャーシュー麺の大盛りにする。値段は750円。


店内はカウンターだけの10席のみ。厨房でラーメンを作る様子が目の前で見れるのが青島方式。

客の前で作るのは自信の表れだと思うが、化調を投入するときはカウンターに背を向けている。
やっぱり少し後ろめたさがあるのかな。

無化調だけが売りの店が多いこともあって、個人的には化調の有無は店の選択には全く影響しない。


「青島」は店によって味のバラつきがあるようだけど、この店の味には満足。

醤油は濃い目、生姜は控えめな感じ。


先日、同じ生姜醤油系の「ヒグマ」が新潟市に進出してきたが、やっぱ「青島」が好きだなーと再認識した。



【住所】新潟市中央区南万代町2-14
【営業時間】11:00~15:00 17:00~22:00
【定休日】月


92b6ff15.jpeg先々週、本店に行ったばかりだが、「中華のカトウ 南浜店」へ。

場所は新潟中央警察署の裏手にある。


本店とは店の雰囲気もメニューも、味も違う。
カウンター8席、テーブル2卓。店の奥には製麺機が置いてある。


店の外に看板の出ているつけ麺700円を注文。
この店は並、大盛り、ジャンボが全て同料金。

初めてだったのでジャンボは自重して大盛りにしておく。


とにかく麺が秀逸。
平打ちの極太麺だが、コシがかなり強くて美味い。つけ麺にはピッタリの麺。


つけ汁は魚粉たっぷり。濃厚だがクドさはない。
玉葱のシャキシャキ感が良いアクセントになっている。

他の具はメンマに刻んだ炙りチャーシュー。


水切りがイマイチで麺が底で水に浸かっているのがちょっとマイナスだが、それを割り引いても充分満足。


この地区では珍しい流行のタイプのつけ麺であった。

これなら大盛りではなくジャンボにすればよかったな。



【住所】新潟市中央区南浜通1-375
【営業時間】11:00~15:00 17:00~翌1:00
【定休日】水


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
DuCoRo
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
ずっとラーメンばかり食べてるので記録を残しておきたくなりました。 味覚に自信が無く、文才も無いのに勝手に書くブログ。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
債務整理キャッシング
最新コメント
[05/14 DuCoRo]
[07/08 bbshin]
[04/15 名無し]
[04/15 Yukky]
[03/13 bbshin]
最新トラックバック
忍者ブログ | [PR]

Design by Dress
Material by tudu*uzu