忍者ブログ
 新潟で日々ラーメンを食べた記録
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

d53612c2.jpeg本町中央市場の東掘通よりにある「信吉屋」。


元祖支那そばの看板を掲げる老舗。
カウンターのみで年季の入った店だがファンは多い。


店内に入ると、「お兄さん、いらっしゃい」と声がかかる。

どんな年配の客もお兄さん、お姉さんになるのがこの店の慣わし。


メニューは支那そばにチャーシュー、ワンタンメン。

基本の支那そばが550円で中盛り600円、大盛りが700円。


支那そばの中を注文した。


スープ、かなり透き通っている。ただ、しっかりと味が付いている。甘くて優しい味。

麺は中くらいの太さで柔らかめ。

チャーシュー、小さい。 でも美味い! チャーシュー麺でもいいかも。


中盛りだけど、麺もスープも多めでボリュームがある。


いつも混雑しているのも納得の味。



【住所】新潟市中央区本町通6番町1180
【営業時間】11:00~麺が無くなるまで
【定休日】金


PR
d42873c4.jpeg2日連続での飲みだったので、新潟駅前にある「萬坊」へ。


ここは居酒屋だが、雑誌で鯛ラーメンを提供していることを知っていたので、締めの1杯で訪問。


まだ新しくて雰囲気の良い店内。
ラーメンだけのつもりなので、カウンターに案内してもらう。
カウンターは6席。カップルシートのように2席ずつに区切られている席に会社のT沢さんと2人で座る。


オーナーが一生懸命に店のアピールをしている。
酔ってたのでよく覚えてないが、料理には色々拘っているようだ。

オーナーはときめきラーメン万代島で「大漁」というラーメン店を出店していたらしい。
「大漁」には行ったことがなかったが、そのときの鯛ラーメンをここでも提供しているとのこと。


鯛ラーメンは塩と醤油を選択できる。
自分は塩、T沢さんは醤油を選択。

お薦めは塩らしいが、常連さんは醤油が多いらしい。



あっさりした澄んだスープだが、魚介の出汁が強く感じられる。

細縮れ麺とも合っていてバランスが良い。
チャーシュー美味い。


サッパリとしていて飲んだ後にはピッタリなラーメン。


ラーメン2杯と瓶ビール1本で2,760円。
締めの1杯で行くにはちょっと高いな。



【住所】新潟市中央区東大通1-5-14
【営業時間】17:00~23:00
【定休日】日




1aca78b5.jpeg今日は飲みってことで駅南のけやき通りにある「真正中華 唐人」へ。

あまり飲み系の中華料理店には来ないけど、本格中華で今風の店。


1軒目だったので麻婆豆腐、餃子、春巻、鍋など色々と頼んだけど、どれも美味かった。

やっぱり気になったのが麺類。

その中でもお薦めだったのがタンタンメン。
〈黒〉と〈赤〉があったけど、〈黒〉は黒ゴマで〈赤〉は白ゴマとのこと。


イケメンの中国人店員がお薦めしていたタンタンメン〈黒〉で締めにした。


ビジュアルは結構、個性的。

澄んだ醤油スープで具はちんげん菜、ザーサイ、もやし。

スープだけ飲むと普通のラーメンだが、中央の黒ゴマを溶かすと本格的な担々麺に変化する。
この変化はちょっと衝撃だった。


スパイシーでコクのある担々麺。

意外な一杯を楽しめた。



【住所】新潟市中央区米山2-1-3
【営業時間】17:00~翌3:00
【定休日】月

定休日は月曜日と表記してあったけど、今日は営業してたな。




 

0487660d.jpeg「新潟ラーメン なごみ」が閉店した後にてきた新店「中華飯店 上海」。

場所は西跨線橋を鳥屋野方面に向かう道の側道。
通りからは見えづらく、お世辞にも立地に恵まれているとは言えない場所。


オープンしたのは1月22日なので、まだ2週間くらい。
店内は清潔感があって、当然だが新しい。 席数は「なごみ」と同じような感じだが、よく覚えてない。

12:00ちょうど、先客2名。

メニューは中華メニューでご飯もの、一品料理も充実。かなり豊富な品揃え。


本日の限定メニューで50円引きになっている五目あんかけめんを注文。


醤油味のスープで餡は甘い味付け。

野菜は小さめに刻んであるので熱々だが食べやすい。

定石どおりに海老とうずらの卵は1つずつ。


無難な感じだが、餡とスープ、麺のバランスが良い一杯だった。


場所が目立たないし、駐車場もギリギリ4台。

夜の客入りが多くないと苦しそう。


【住所】新潟市中央区東幸町15-26
【営業時間】11:30~14:30 17:00~22:00
【定休日】月



bbd33224.jpeg油そばがあると聞いたので「麺の店 きらく苑」に初訪問。

場所は東跨線橋と笹出線を結ぶ道沿い、ウオロクの隣にある。


アルビサポーターの集まる店らしく、店内はアルビグッズ満載。
なぜかバッジョのポスターも貼ってある。


12時きっかりに入店するが先客1名のみ。


メニューはサラッと目を通しただけで、油そば600円を注文する。


この店の油そばは、古風なタイプ。

醤油ダレにワカメ、チャーシュー、ネギ、メンマとラーメンでお馴染みの具が並ぶ。


油そばを食べ始めたのは最近だが、ニューウェーブ的なものが多かったので逆に新鮮だ。


麺は平打ちで太い麺。コシがあって、この麺は美味しい。


量が少し足りないかなと思ったが、これ以上だと飽きるので丁度良いところか。
600円の値段を考えれば満足できる。


気さくな店主もこの店の売りの一つ。


【住所】新潟市中央区鐙3-7-13
【営業時間】11:00~15:00 17:00~21:00
【定休日】日


ddc3c976.jpeg先週の木曜日に食べ損ねた限定メニューの鶏白湯かさね味を目当てに「なおじ」の本店へ。


11:40、先客2名。
威勢の良い声がするので厨房を見ると、店主の佐藤氏がいた。
雑誌でよく見るが、本物は初めてだ。

ただ、ラーメンを作るわけでもなく、あっという間にいなくなった。


限定メニューは木曜日は休みだったが、今日はやっている。
木曜にはいなかった男の人が厨房にいるので、やはり人の問題だったか。


850円と高めの設定だが、具が少しずつ入ってキレイな盛り付け。

つくねに炙った骨付き鶏肉、玉子、メンマ、ネギと色々楽しめる。


スープは白く濁ったトロミのあるもの。

塩味なので思ったよりサラッとしている。


麺は細くて縮れたもの。スープに合っていて美味しい。


1度振られているので期待が高かったが、充分満足。


【住所】新潟市中央区上所上3-1-28
【営業時間】11:30~14:30 18:00~23:30
       (土)11:30~15:00 17:30~23:30
       (日)11:30~21:00
【定休日】なし


カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
プロフィール
HN:
DuCoRo
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
ずっとラーメンばかり食べてるので記録を残しておきたくなりました。 味覚に自信が無く、文才も無いのに勝手に書くブログ。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
債務整理キャッシング
最新コメント
[05/14 DuCoRo]
[07/08 bbshin]
[04/15 名無し]
[04/15 Yukky]
[03/13 bbshin]
最新トラックバック
忍者ブログ | [PR]

Design by Dress
Material by tudu*uzu